ひまわり皮ふ科形成外科クリニック|恵庭市(恵庭駅) 千歳市|医療脱毛

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

まぶたが下がり前が見えにくくなると、テレビや新聞が見えづらい、車の運転がしづらいなどの症状が出てきます。

手 術

局所麻酔で行います。注射後2−3分待って麻酔が効いたのを確認してから開始します。二重(ふたえ)まぶたの場合は二重の線に沿って皮膚を切り、余っている重たい皮膚を除去します。その後、眼輪筋が厚い場合は除去して更に脂肪が余っている場合は除去を行います。そしてまぶたを上げる筋肉の膜を縫い縮めて縫合してまぶたの開き具合を調整し、細い糸で皮膚を縫合します。

手術時間は50〜60分程度で終了します。
当日はガーゼを貼って帰りますので前が見にくいかもしれませんので気をつけてください。
次の日からシャワー、洗顔OKです。抜糸は1週間から10日前後で行います。入院は不要です。

治療の流れ

上まぶた:黒目(瞳孔)があいて、見やすい状態。

眼瞼下垂:まぶたを開ける筋肉の働きが弱いため、開けずらい。まぶたの皮ふがたるんで目に重なる。黒目にかぶさりみえずらい。

まぶたを開ける筋肉は、まぶたの皮ふのさらに深い部分にある。


二重(ふたえ)の線に沿って皮膚切開する。上まぶたのたるんだ皮膚があれば、必要な分を切除する。

皮ふの下の眼輪筋の重たい部分を一部切除する(まぶたを閉じる機能には影響ない)。

たるんだ皮ふと一部の眼輪筋を切除したところ。


重く突出した脂肪がある場合は、一部の脂肪を切除する。

まぶたを開ける筋肉の付着部とまぶたの硬い板まで到達する。

まぶたを開ける筋肉を縫い縮めて縫合して、まぶたの開き具合を調整し、まぶたを開けやすくする。


まぶたをあける筋肉をまぶたの板に糸で固定する。

皮ふをきれいに縫合して終了。


価格表

眼瞼下垂は前が見にくい場合には、保険内で治療できます。

治療費

両側で3割負担の方は4万から5万円程度

診察後に適切な手術方法を説明します。ご気軽にご相談ください。